早子先生結婚するって本当ですか? ネタバレなし


2016年4月21日〜放送されたこのドラマ。
放送当時はあまり評判が良くなく、打ち切り?とも言われていたのですが、私はとても好きでした。

お話し

早子は34歳独身の小学校教師で、東京郊外の小学校の1年1組の担任を努めている。
実家は豆腐屋さんで、真面目な父とおっとりした母と3人暮らしだ。
マイペースでサバサバした早子は同僚の先生ともいい関係を築き、充実した日々をすごしている。
でも、たまに電車に乗ったまま終点まで行ってみたい気持ち、なんとなく寂しくなる気持ちがある日もあった。

そんなある日父が倒れ、病院に運ばれた。
命に別状はないものの、もう高齢の両親にこれを機にお店を多端ではどうかと思うも、お見合い写真をみつけてしまう。
妹より両親の気持ちをしった早子は?

感想

アラサーになると女性は特に『結婚しないの?』攻撃にあうと思うのですが、このドラマの早子はずっと仕事に打ち込んで、終わったら実家に帰りまた朝になって仕事に行くという生活を送っていました。
幸い『結婚しないの?』ということは言われることはあっても、年齢は重ねていても『まだ結婚しなくてもいい』となんとなく子供気分があったのではないかな?と思います。

そして、このドラマに出てくる人は婚活していたり、恋をしたりしています。
寂しい気持ち、嬉しい気持ち、優しい気持ち、アラサーになって染みるものがたくさんあります。
これを見て『結婚とか考えないの?』『彼氏は?』と気軽に聞くのではなく人に寄り添える人でいたいなと思える心温まるドラマだなぁと思いました。

個人的に松下奈緒が一生懸命声を低く話していたり、吉岡秀臣との掛け合いはキュンキュンです!